背景色変更
文字の大きさ
メニューはこちら

看護師の一日

ロング日勤の一日

ロング日勤の一日

一病棟(一般急性期病棟):後藤優一朗

一病棟(一般急性期病棟):後藤優一朗

ロング日勤と聞くと長い勤務時間をイメージしがちですが、当院は実質10時間の勤務です。主にチームリーダーとして、患者状態の把握、担当医との情報交換、指示確認、チームナースとの連携を図り、チーム内管理を行います。ロング日勤の翌日は必ず夜勤となり、夜勤までの勤務間隔は23時間ほど開きます。その時間を、趣味や自己研鑽、体力回復に充てることができ、心身にゆとりを持ちながら働き続けることができています。

夜勤の一日

夜勤の一日

二病棟(医療型療養病床・地域包括ケア病床):甲斐真樹

二病棟(医療型療養病床・地域包括ケア病床):甲斐真樹

私は、5人の子供を育てながら勤務しています。夜勤は19:30からなので、子供たちの夕食や入浴、明日の準備を済ませてから、出勤することができます。仕事が始まったら、申し送りの後、患者様へ挨拶と声かけを行います。夜間、遠慮なく看護師に声をかけていただくように、お伝えしています。近年は、認知症や夜間せん妄のある患者様が増えています。消灯前のラウンド時、患者様の表情や発言や行動から、この勤務帯で特に注意して行わなければならないケアや、観察のポイントが見えるので、このときの情報収集をしっかりして、夜間の看護につなげています。
当院は、一般病棟は看護師3名、地域包括ケア・療養病棟は看護師2名で、夜勤をしています。ナースエイド1名と協力して、勤務中にそれぞれ2時間ずつ休憩を取ります。職場の人間関係は良好なので、お互いこまめにコミュニケーションをとって、情報を共有しながら、朝の終業まで、患者様の安全管理に努めています。

採用のご案内笑顔で患者と接してくれるあなたをお待ちしております。