背景色変更
文字の大きさ
メニューはこちら

施設紹介

認定看護師とは

日々変化する医療現場で働く看護師たちを専門知識や技能でサポートし組織横断的に看護活動を実践する看護師です。当院では、特定の専門分野において、「実践・指導・相談の役割を果たし、看護ケアの広がりと質の向上に寄与する」という活動理念を基盤に院内活動を行っています。
日本全国で多くの認定看護師が活躍中であり、当院にも1名在籍しています。更に看護師のモチベーションを高め看護全体の質を底上げする目的で、当院では認定看護師資格の取得を奨励しています。資格取得を目指す者に対し、研修期間中の固定給を保障し、意欲のある人をバックアップしています。資格取得は自身のキャリアアップにもなりますし、何よりも、患者様やそのご家族に高い質の医療・看護を提供することにつながりますので、皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

認定看護師紹介

感染管理認定看護師 副看護師長 興梠裕樹

副看護師長 興梠裕樹
感染管理認定看護師
副看護師長 興梠裕樹

私は平成26年に感染管理認定看護師の資格を取得し、患者様や御家族・医療従事者を対象に感染から守る役割を担い、ICTのリーダーとして日々院内ラウンドや抗菌薬ラウンドを行なっています。「感染しない、させない、拡げない」をモットーに活動しており、病院に関わる全ての人々の感染防止に対する意識の向上が図れるよう地道に活動しています。
具体的な活動としては、1)院内感染サーベイランスの実践(感染率の算出、分析、評価、結果に基づいた対策の実践及び介入)、2)院内感染対策マニュアルの改訂、3)感染防止技術の実践、指導、4)職員に対する針刺し防止や流行性ウイルス疾患の抗体価把握とワクチン接種の推進、5)安全な療養環境を確保するためのファシリティマネジメント(廃棄物やリネン処理、施設空調管理)の推進、6)病院職員への感染防止教育、7)感染管理コンサルテーション(相談)などを行っています。また、ICTを束ねるリーダーとして各部署から選出されたリンクスタッフが現場で指導的役割を担えるよう指導し、組織横断的に活動し力が発揮できるようなサポートも行なっています。

採用のご案内笑顔で患者と接してくれるあなたをお待ちしております。