背景色変更
文字の大きさ
メニューはこちら

組織

組織

総看護師長のもと副総看護師長1名、看護師長5名、副看護師長7名
(内、医療安全は専任、感染管理は専従)

組織

看護部の構成

病棟部門(急性期病棟、医療療養型病棟)、外来部門(各科外来、中材・手術室)、医療安全部門(医療安全管理室、感染管理室)、透析室で構成されています。

勤務体制

組織

当院では10対1看護体制をとっています。手厚い、ゆとりある看護を実践し看護の力が医療に、患者様の回復過程に大きく影響する成果をだしたいと考え看護を実践しています。
看護提供方式は、固定チームナーシング制を導入しており、個別性・継続性のある患者中心の看護実践を行っています。患者受け持ち制をとり、入院から退院まで看護に責任を持ち、固定チームが看護活動を支援します。
また、働きやすい職場作りのため、平成26年6月より変則2交替制を導入しています。勤務体制は働く職員が選ぶものをモットーにその後も見直しを続けていく予定です。

採用のご案内笑顔で患者と接してくれるあなたをお待ちしております。